無花果-イ・チ・ジ・ク 漫画ネタバレ結末ブログ

坂辺周一作の漫画「無花果-イ・チ・ジ・ク」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

無花果-イ・チ・ジ・ク(漫画)ネタバレ結末 第1話 坂辺周一

このブログでは、漫画「無花果-イ・チ・ジ・ク」のあらすじやネタバレ結末、感想をまとめてご案内しております。作者の坂辺周一先生は「メシベ」「ドメスティック」「インモラル」など歪んだ愛憎の関係やトラウマ系のサスペンス作品を描いている作家さんで、…

無花果-イ・チ・ジ・ク(漫画)ネタバレ結末 第2話 坂辺周一

友達に勧められて、ほんの軽い気持ちで登録したサイト経由で知り合った男・ヒロに監禁・乱暴されてしまい、夫に言えない秘密ができてしまった専業主婦の真由。ボロボロにされた挙句、ヒロは真由のあられもない姿を写真に撮り「拡散するぞ」と脅してくるよう…

無花果-イチジク(漫画)ネタバレ結末 第3話 坂辺周一

何食わぬ顔で「新しい入居者」として、真由と夫に引っ越しの挨拶をしたサイコパスのストーカー・ヒロ。この男がどうしてここに!とショックのあまり、真由はその場から逃げ出しますが・・・どこまでつきまとってきて真由を苦しめるヒロに、友人たちが立ち上…

無花果-イ・チ・ジ・ク(漫画)ネタバレ結末 第4話 坂辺周一

ヒロを引き止めるために、自宅に入れてしまった真由。おかげでまひろはヒロの部屋に入れましたが、真由自身が大ピンチに。サイコパスで暴力的なヒロのプレイに「死ぬ」と思った真由は追い詰められて半狂乱になり、気がついたときには「一線」を超えてしまい…

無花果-イ・チ・ジ・ク(漫画)ネタバレ結末 第5話 坂辺周一

ヒロに襲われて抵抗し、過剰防衛の結果、ヒロの死体を始末することになった真由たち。吐きそうになるのをこらえて、3人で氷漬けにしておいたソレをバラしたあと、真由は夫にバレないように必死で「普通を演じ」ます。そしてヒロの遺品を探ったまひろは、と…

無花果-イ・チ・ジ・ク(漫画)ネタバレ結末 第6話 坂辺周一

ヒロのマンションで「1億2千万円」という大金を見つけてしまったまひろ。罪の意識に耐えきれず、憔悴していく真由は心の弱さから警察に自白しそうな状況。まひろは真由が自白すれば共犯者として罪に問われることから、真由をいざという時には見捨てるつも…

無花果-イ・チ・ジ・ク(漫画)ネタバレ結末 第7話 坂辺周一

固い女の友情で結ばれた3人が、力を合わせてヒロの死体の始末に必死になっていますが、その裏で「友情崩壊」の思惑が進んでいます。坂辺周一先生の最新話「無花果-イ・チ・ジ・ク」第7話では、金で目の色を変えたまひろと、自分たちのしていることが怖くて…

からゆき哀歌のネタバレ 第4話「白拍子~橘という遊女~」

漫画「からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~(安武わたる作)」第4話「白拍子~橘という遊女~」のあらすじと感想をご案内致します。時は室町時代。白拍子、という男装の美女がその舞で都の人々を魅了していた頃。白拍子のひとりで人気の「橘御前」…

からゆき哀歌のネタバレ 第3話「囚われの羽衣」安武わたる

漫画「からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~(安武わたる作)」で、管理人がもっとも印象に残った作品。鎌倉時代のころ、公家の権力が失墜して武家社会となり、公家のお姫様が無理やり武士の妾にさせられるお話。 その姫君は羽衣伝説の「天女」の血を…

からゆき哀歌のネタバレ 第2話「奴隷海岸」安武わたる作

漫画「からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~(安武わたる作)」の第2話「奴隷海岸」は、ヨーロッパ商人がアフリカの現地人を奴隷として売買していた時代のお話です。ヨーロッパ人と現地妻との間に生まれた娘・ムーラの哀しい物語が描かれています。 …

からゆき哀歌のネタバレ第一話「南洋の撫子~からゆきさんの物語」

漫画「からゆき哀歌~異国に売られた日本の女たち~(安武わたる作)」は、女性の権利が著しく低かった時代に貧しさから海外へ働きに出て「からゆきさん」として身を売るしかなかった女性や、奴隷のように扱われたり、虐げられた女の哀しい運命を描いた作品…

阿部定事件~ふたりの女~ネタバレ感想(3)安武わたる

阿部定と再会したお栄は、普通の主婦に収まっている自分と、世間の目を気にせずにひたすら「好い人」と呼べる男性を探し求め、男に愛される定を比べて嫉妬する。「まっとうな人生」を生きてきたはずのお栄だったが、ちっとも幸せではないみじめな自分に気づ…

阿部定事件~ふたりの女~ネタバレ結末(2)安武わたる

阿部定と共に職人町で育った幼馴染のお栄。美人でモテる定に内心では嫉妬を感じていたものの、K大生に襲われたことをきっかけに身を持ち崩し、転落していった定を心配する心は本当でした。父親に勘当同然で芸者に売られていった定を思いながら、お栄もまた結…

阿部定事件~ふたりの女~ネタバレ結末 安武わたる

このブログでは、安武わたる先生の短編漫画集「阿部定事件~ふたりの女~」のあらすじやネタバレ結末、感想をまとめてご案内しております。昭和11年、吉田屋の女中であった阿部定が不倫の末に愛人・石田吉蔵をあやめ、体の一部を切り取ったうえ「定吉ふたり…