無花果-イ・チ・ジ・ク 漫画ネタバレ結末ブログ

坂辺周一作の漫画「無花果-イ・チ・ジ・ク」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

美醜島~ブス姉の逆襲~ネタバレ感想 月森雅子

月森雅子先生の漫画「美醜島~ブス姉の逆襲~」は、美しく純真無垢な華族のご令嬢だった涼子が、運命のいたずらにより、絶海の孤島に流されてしまう。

ずっと涼子を憎んでいた腹違いの醜い姉・ミツ子の策略によってどん底におとされてボロボロにされながらも孤島で生き延びるお話です。

 

「美醜島~ブス姉の逆襲~」のあらすじ

 

九条涼子は、家族の令嬢だったがまもなく白川伯爵家に嫁ぐことに決まっていた。

だが、相手の男は名門とはいえ、とても結婚したいとは思えないようなブ男。

縁談を嫌がる涼子だったが、放蕩者の兄は頼りにならない存在の上、父の命令となれば従うしかない。

 

結婚前に一家揃って、使用人たちとともに孤島へ家族旅行へ行くことになる。

不運にも、大嵐にあい洋上で船が沈んでしまい、生き残った使用人や家令の澤井、腹違いの姉のミツ子たちとともに孤島でサバイバル生活がはじまる。

 

もはや親も身分も守ってくれはしない状況で、涼子はケダモノと化した男たちの獲物でしかなかった。

 

醜女の姉・ミツ子は涼子の父の妾の娘で、常に家で虐げられて女中扱いされて育っていた。

同じ父の娘なのに、「華族のご令嬢」としてチヤホヤされてきた涼子を憎むミツ子は、男たちをけしかけて涼子をどん底まで追い込む。

 

「美醜島~ブス姉の逆襲~」の感想

 

かなーり、エグいお話です。

見るからに「お嬢様」なヒロインの涼子とくらべて、みすぼらしいブスの姉・ミツ子は本妻から憎まれ虐げられて育ち、コンプレックスの塊。

 

身分差から娘と認められず、女中として妹がお嬢様扱いされているのを見せつけられてきたわけですから、その鬱屈した精神に溜まっているものが、難破という事件があって爆発します。

 

涼子はお嬢なだけあって、悪気はなくてもミツ子の気持ちを逆なでしてしまうようなことをしてしまいました。

だからこその「ブスの逆襲」なわけですが、法もルールも存在しない場所ではこうも人間というものは変貌してしまうのか・・・

 

島に隠されている「財宝」という伏線もあり、涼子が果たして地獄のような島でどのようにサバイバルするのか、今後の展開に期待です。

 

 

こちらの記事もオススメです

www.alal5.com