無花果-イ・チ・ジ・ク 漫画ネタバレ結末ブログ

坂辺周一作の漫画「無花果-イ・チ・ジ・ク」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

無花果-イチジク(漫画)ネタバレ結末 第3話 坂辺周一

何食わぬ顔で「新しい入居者」として、真由と夫に引っ越しの挨拶をしたサイコパスのストーカー・ヒロ。

この男がどうしてここに!とショックのあまり、真由はその場から逃げ出しますが・・・どこまでつきまとってきて真由を苦しめるヒロに、友人たちが立ち上がります。

「無花果-イ・チ・ジ・ク」第3話あらすじとネタバレ

作品名:「無花果-イ・チ・ジ・ク」

作者:坂辺周一

 

下の階に引っ越ししてきたヒロ

引っ越しトラックの前で、平然とした顔で夫と会話し、真由に挨拶するヒロ。

夫にわからないように、いやらしい態度で指の間をなめるような動作を見せつけてきた。



それを見てゾッとし、耐えきれない空気に真由は「ごめんなさいっ」と走り去ってしまう。

何も知らない夫だけが「どうしたんだ、あいつ?」と首をかしげ、ヒロはひとりで「どうぞよろしく」と舌なめずりしていた。

頼りになる友人たち


真由はこのことを、まひろと未来に早速、相談した。

「何がなんでも私につきまとうつもりだとしか思えないっ」



泣きじゃくる真由に、まひろは何かを思いついたように言った。

「これって考えようによっては、チャンスかもね」

尾行してもヒロの尻尾が何もつかめなかったが、今はヤツがどこにいるのか、そして写真の所在もはっきりしている。



「こっそり鍵を盗んで、引き止めている間に部屋に忍び込んで写真を探し出して消しちゃうってのはどう?」

まひろの作戦に「すごいわ、まひろさん、天才かもっ」と未来が囃し立て、場合によってはパソコンのHDDごと破壊してしまうのもアリだ、と話す。



パソコンに詳しいまひろは、クラウド上に写真を保存されていたらまずいから、完全に消す方法を調べなくては、という。

そしておそらくはこれまでに真由のように、ヒロの餌食にされた女性たちがいるはずで、その人たちも同時に救えるかもしれない、と真由を励ます。

やっと会えたね、真由


ヒロ(=鮫島)は、マンションのエレベーターの中で真由と二人きりになる状況をつくった。

「やっと会えたね、真由。出張なんだって?ご主人」



夫と親しげに話していたヒロは、ちゃっかり出張の予定まで聞き出していたのだ。

「長くかかったけど、やっとゆっくり会えるね」

怯えて声も出てこない真由を見下ろしながら、ヒロは毒蛇のようにじわりじわりと真由を追い詰める。

作戦開始!


恐ろしさに体中が震える真由だったが、まひろの作戦どおりに行動することにした。

まずはヒロを外へおびき出し、マンションの鍵を奪ってまひろに渡すこと。



さらに、まひろがヒロの部屋を漁っている間、ヒロを引き止めつづけられれば、こんなことは終わる。

真由にとっておぞましいことだったが、ヒロの注意を引きつけるために、わざとレストランの食事中にいやらしいことをしてみせた。



気をそらした一瞬で鍵を盗み、まひろに渡すことに成功。

まひろはそのまま、まっすぐにマンションのヒロの部屋に侵入する。

ヒロの部屋はろくな家具もなく、生活感がまったくなかった。そして撮影用のビデオとパソコンを発見したため、すぐに写真を探し始める。

旦那と寝ているベッドで・・・

「よくわからない女だね、真由」

いつもは怯えてすぐにでも逃げ出しそうな様子だったのに、その日だけやけに積極的だったため、ヒロは真由の行動をあやしんだ。

真由が襲われないように、未来がひそかに尾行していたが、ヒロは未来の存在に気づいていて予定を変えてしまう。



「ホテルはやめて、僕の部屋に行こう」

そう言われて真由は、必死に引き止めて「私の部屋で・・・」と言ってしまう。

「いいねえ、旦那と寝ているベッドで、っていうのも」

ゲスなヒロは喜んで承諾するが・・・

 

「無花果-イ・チ・ジ・ク」第3話の結末と感想


頼りになる友人・まひろと未来のおかげで、作戦通りにヒロの部屋にあるパソコンをまひろが発見できました。

ヒロは超変態的な男で、理想の女は「泣いて怯えてすがりつく目で許しを乞う女」だそうです・・・。まさに、サイコパス。



ヒロを引き止めるために、やむなく自宅の部屋に招いてしまった真由は、「殺される!」と思うまで異常なプレイをさせられます。

息ができないように口と鼻をふさいだり、ええ・・・もー書くのもヤダ。

 

大人しく素直で怯えることしかできない真由でしたが、さすがに「生命の危機」となると自分でも思わぬ力が出てくるものです。

家の中の「あるもの」でヒロをめった打ちにしてしまい、それが元で思わぬ事態に発展してしまいます。つづく。

 

第4話の感想

www.alal5.com