無花果-イ・チ・ジ・ク 漫画ネタバレ結末ブログ

坂辺周一作の漫画「無花果-イ・チ・ジ・ク」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

無花果-イ・チ・ジ・ク(漫画)ネタバレ結末 第4話 坂辺周一

ヒロを引き止めるために、自宅に入れてしまった真由。おかげでまひろはヒロの部屋に入れましたが、真由自身が大ピンチに。

サイコパスで暴力的なヒロのプレイに「死ぬ」と思った真由は追い詰められて半狂乱になり、気がついたときには「一線」を超えてしまいます。血の海になった部屋で、素っ裸の真由は・・・

 

作品名:「無花果-イ・チ・ジ・ク」

作者:坂辺周一

 

 「無花果-イ・チ・ジ・ク」第4話あらすじとネタバレ

ヒロを殺してしまった真由


誰か助けて、とヒロに追いかけられて逃げ惑う真由はこのままでは殺されてしまう、と部屋においてあったダンベルを手にヒロの頭に振り下ろす。

「いや、嫌!いやああ!!来ないで!!」

ヒロに襲われそうになり、半狂乱でダンベルをヒロの頭に叩き込み続けたあと、グシャ、という潰れる音と共にヒロは動かなくなった。

床につっぷして、頭から血を流すヒロから、血の海が床にたまっていく。

「嘘でしょ、こんなの!?」

自分がやってしまったことの結果を見て、丸裸でへたりこみ、泣き出す真由。

まひろ到着。しかし・・・


ピンポン、と呼び鈴が鳴って見てみるとまひろだった。真由はまひろを家に入れたが、あまりの惨状にまひろは言葉を失った。

血まみれの真由、死んでいるヒロ。

「私もう、どうしていいかわかんなくて。警察呼ぶか」

真由はまひろに相談するが、タイミング悪く宅配便がやってきた。

気が動転していた真由は、普通に受け答えしてしまい、「バカ!なんで出んのよ!」とまひろに怒られた。

慌てて始末して証拠隠滅


数分でやってきてしまう、と真由とまひろは慌てて玄関の前に突っ伏しているヒロの死体を隠し、血のあとを拭いた。

なんとかごまかせるレベルに掃除したあと、真由は宅配便の荷物を受け取る。

「これで警察は無理ね」

まひろはなんとか正当防衛で警察に説明しようと考えていたが、遺体の現場を掃除してしまった今となっては証拠隠滅をはかったと見られてしまう。

にっちもさっちもいかなくなって、真由は警察を呼んで自首する、と言い出す。

死体の始末をする3人


自首してすべてを話す、という真由にまひろは反対した。ここまで関わった以上、自分と未来も取り調べを受けることになる。それでは困る、というのだ。

とりあえず未来を呼んで事情を説明し、3人でヒロの死体をヒロの部屋まで運ぶ。

「どうしたらいいんだろ」

死体を前に、3人で今後の対策を練るものの、始末に困っていた。死体を見て、ゲーゲー吐く未来。

自殺に見せかけてベランダから落とす・・・それは遺書もないから却下。

ひょっとしたら探している家族がいるかもしれないし、写真もどこにあるかわからない。

方針を決められず、3人で手分けして大量の氷を買い冷やして腐らないようにしておくことになった。

「無花果-イ・チ・ジ・ク」第4話の感想


ズルズルと、流されていくように最悪の状況へ突き進んでいった真由とヒロ。結果として、ヒロを殺すことになってしまった真由は、死体を前に警察へ行くか、隠し通すか迷っているうちに秘密にするしかないと思い始めます。

真由だけではなく、まひろと未来ももはや共犯者で、殺意はなかったとはいえますます事態は悪化していきます。

お上品なセレブ主婦たちが、ストーカー男の体を氷漬けにして包丁でバラすという大変トラウマな展開。

いまさら「やめた」ともいえないでしょうし、巻き込まれたまひろと未来もかわいそうになってきました。真由って、ヒロインとしてはかなりイラつくタイプなんですよね・・・。

早めに警察に相談していれば、傷は浅かっただろうに、とハラハラしつつも「身近に潜む恐怖」と考えれば、冷静に判断するのって当事者じゃないと難しいよなあと思えたり。次回はかなりグログロなお話です。

 

第5話の感想

www.alal5.com