あるある人気漫画レビューブログ

人気漫画のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

漫画「女子割礼」ネタバレ感想 池田ユキオ(まんがグリム童話)

池田ユキオ先生が描く、ショッキングな抑圧された女たちの世界!!

漫画「まんがグリム童話 女子割礼」は、アフリカにある小さな村を舞台にした恐ろしい風習を強制される女たちの恐怖の物語です。

 

昔から伝わる村の因習にとらわれ、夫への貞節を無理やり誓わされる「女子割礼」により地獄を見たサフィとラミンは・・・

 

こちらではあらすじと感想をご案内します。

 

「まんがグリム童話 女子割礼」のあらすじ

 

西アフリカのある村に、美しいふたりの少女たちがいた。

 

ひとりサフィ。幼いころにフランス系の両親を亡くして首長に引き取られたが、その真っ白な肌と金色の髪のせいで周囲からいじめられてきた。

 

もうひとりはラミン。首長の娘でサフィとは姉妹同然に育ち、常にサフィをいじめからかばっていた。

 

肌の色は違っても、ふたりは大の仲良しだったがある日、首長から「夫」と結婚するよう言い渡される。

 

ラミンは将来、勉強して教師になるのが夢で学校へ通っており、傲慢で醜い男の妻になるなど悪夢でしかなかった。

サフィはおとなしい性格で、決められた許嫁と結婚してたくさん子供を産めば、この村でやっと認めてもらえるかもしれない、と従うことに決めた。

 

 

そして呪術師による「儀式」を受けるように、と言われラミンはそれが一体どんなものなのか知って恐怖にふるえた。

 

「割礼」・・・それは女性器を不衛生な環境で切除して、女性を痛めつける恐ろしい儀式だったのだ!

 

ラミンはあまりの恐ろしさに、サフィを身代わりにしようとして・・・


「女子割礼」の感想

 

現在も行われているというだけでも信じられませんが、アフリカでそのような風習がある、ということは知っています。

 

「割礼」というと何かの儀式?というのはわかりましたが、これほどむごいものだったとは・・・。

 

「悪魔の実を切り取れ」

 

女性が性的に快感を得て夫を裏切ることができないように、という村の因習でしたが、現代人の感覚からするとホラーでしかありません。

 

 

てか、誰があんなこと思いつくの? (T_T)

 


サフィとラミンは親友でしたが、土壇場になると誰しも自分がかわいいもので、ラミンはあっさりとサフィとの友情を裏切ってしまいます。

 

女の友情って、こんなものよね・・・とは思ったけど、ラストで結局、ラミンはずーっとサフィのことを想っていて後悔していたわけですが、その間サフィは地獄の苦しみを味わい続けていて・・・

 

外へ逃げ出して自由を得たラミンは、望んでいた生活を手にしましたが運がよかっただけ。

「割礼」の習慣をやめさせて女性に尊厳と自由を取り戻させたい、と願ってもひとりの力で簡単に変えることはできません。

 

サフィの忘れ形見の少女だけでも、幸せになってくれていればいいな、と思います。

 

 

なお、「まんがグリム童話 女子割礼」は短編漫画集になっており、全部で6編の作品が収録されています。

 

3作が吉原の遊女たちを題材にした作品で、女郎漫画が好きな方におすすめ。

あとは「累ヶ淵」「眠れる森の美女」を題材にした物語で、池田ユキオ先生の美しいキャラたちがエロティックに描かれています。

 

どれも読み応えがありましたよ〜

 

こちらの記事もおすすめです

www.alal5.com