あるある人気漫画レビューブログ

人気漫画のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

煉獄女子(漫画)ネタバレ感想 室井まさね

室井まさね作「煉獄女子」は、注目の学園サイコサスペンスホラーです。

中高一貫学校でずっといじめを受け続けてきた少女・詩音が、新しく入ってきた編入生・霧恵と友達になったあと、つぎつぎと恐ろしい殺人事件に遭遇する物語。

 

詩音に対して度が過ぎるほど友好的な霧恵でしたが、その内面に潜んでいる得体のしれないものが大きく・・・

 

「煉獄女子」のあらすじ

 

浦辺詩音は中等部のころからずっと、クラスメートの伊島を中心とする女子グループにいじめをうけていた。

高等部でクラスが別れれば、と願うも再び同じクラスになり絶望していたときに、外部から編入してきた瀬尾霧恵と出会う。

 

霧恵はなぜか、初対面から詩音を気に入り「友達」だとなれなれしいほどに親しい態度を見せた。

それを快く思わない伊島たちはさらなる嫌がらせを仕掛けてくるが、「奇怪な事件」が次々に起こり、伊島グループは全滅。恐ろしい殺人事件が起こる。

 

事件の容疑者として警察に監視される霧恵。

そして、次第に霧恵が時折見せる冷酷な表情に気づいた詩音は・・・

 

「煉獄女子」の感想

 

霧恵のまわりでは、つぎつぎに人が死んでいく。

そして残されたラテン語のメッセージ。

 

室井まさね先生の前作「屍囚獄(ししゅうごく)」のような、恐怖と絶望の血まみれホラーが、より洗練された形でストーリーができあがっています。

クールビューティな美少女・霧恵ですが、ちょっぴり百合の香りがするくらいに詩音に近づいてきて、ただ単に気に入ったからというよりも何か意図があるのかも。

 

彼女の手首にある無数のリスカ跡を見ても、普通の精神状態じゃないことはうかがえますが、詩音をいじめていた伊島グループが「事故」「自殺」で消え去ります。

霧恵の入院先で仲良くしていた少女も、おそらくは霧恵の手によって命を奪われてしまい、霧恵がエモノを選ぶ基準がますますわからなくなります。

 

一体なんのために人を殺め続けるのか。

笑顔で連続殺人事件を起こすサイコパス、というのはリアルでもそう珍しくはなくなってきている昨今で、インパクトがあるかといえばそれほどでもないんですが。

 

丁寧に伏線がはられているし、しっかりした構成のストーリーなので読んでいて安心感があります。

ヒロインの詩音は「屍囚獄」の美琴を思わせる、ちょっと気弱で優しい女の子なんですが、霧恵が詩音を気に入っている理由が知りたいなあと思いました。

 

まだ1巻しか出ていませんから、物語に動きがあるのはもう少し先かな。